Windows から Mac の iTunes を操作する (2)

先日「Windows から Mac の iTunes を操作する」という記事を書いたが、もう少し素直に (?) 行うなら SSH でログインして次のように osascript で操作できるだろう。

$ osascript -e 'tell application "iTunes" to activate'                   # 起動
$ osascript -e 'tell application "iTunes" to play track 1 of playlist 1' # 再生
$ osascript -e 'tell application "iTunes" to stop'                       # 停止
$ osascript -e 'tell application "iTunes" to quit'                       # 終了

Continue reading

Windows から Mac の iTunes を操作する

iPhone/iPad のアプリ Remote を利用すれば、音楽管理している Mac の iTunes ライブラリをリモートで操作できる。他にも Windows 7 なノート PC からも母艦としている Mac の音楽ライブラリを操作したい。いくつか方法があるようだが (cf. Remote control for iTunes?)、TunesRemoteSE を試してみたのでメモ。

Continue reading

Oxford Advanced Learner’s Dictionary 8th edition を EPWING 化

OALD8のEPWING化 で紹介されているように Oxford Advanced Learner’s Dictionary, 8th edition を EPWING 化するスクリプトが公開されていたが、リンク切れとなっていたようだ (7th edition は oald7-fpw)。某掲示板でスクリプトが再アップされていたので、こっそり (?) 利用させていただいた。EPWING にしておけば Mac OS X や Windows, Linux, iOS, Android 等、使用範囲も広がる。

Continue reading

NTEmacs + Tramp Mode on Windows 7

emacs for gnupack のアーカイブ展開のみで使用できる NTEmacs (GNU Emacs 23.4.1) では tramp もデフォルトで使用することができる。しかし、Cygwin の OpenSSH との組み合わせではうまく動作しなかった。そこで、PuTTY に付属の plink を使用するように切り替えたところ、うまく動作を確認した。以下はその時の作業記録。

Continue reading

辞書.app を活用する (3)

前回の記事 で EPWING (JISX4081) 形式から Apple の辞書.app のフォーマットへ変換できるか試してみた。幸いにしてうまく変換できたようだったが、Windows・Linux・Mac OS X と OS を渡り歩かねばならず、少し手順がややこしい上に、辞書ごとに特有の記述法もあるので、すべてのケースでうまくいくとは限らないだろう (PDIC for Win32 で EPWING/EB から PDIC 形式に変換し、動作が確認された CD-ROM 一覧 が報告されている。ただし当然ながら完全動作は保証されない)。

Continue reading

辞書.app を活用する (2)

先日の記事 で、 Babylon Dictionary を Apple の「辞書.app」でサポートされているフォーマットに変換して使用する方法を試みた。今回は EPWING (JISX4081) 形式の辞書を Mac OS X の辞書.app フォーマットにできるか試してみたい。この試みはすでに、こちらのページ でなされているが、今回は異なったアプローチで試してみる。

Continue reading