Debian wheezy の TeX 統合環境で SyncTeX を試してみる

TeX Live 2011 の導入

はじめに Debian wheezy (testing, amd64) での TeX Live 2011 のインストール手順をごく簡単にメモしておく。Ubuntu で TeX Live 2011 を利用する 場合と全く同様の手順で問題なかった。

Continue reading

Ubuntu で TeX Live 2011 を利用する

TeX Live 2011 の導入

先日の記事 で Ubuntu での TeX Live 2011 の導入について少しだけ触れた。そこでは sudo の secure_path に Tex Live のディレクトリを追加したことを書いたが、インストーラ (install-tl) 実行時に「create symlinks in standard directories」を選択すれば /usr/local/bin 等にシンボリックリンクが作成され、そこから TeX システムにアクセスすることができるようになり、この場合、管理者権限を要求する TeX 関連のコマンド (sudo texhash など) も実行時にフルパスで指定をしなくてもよい。また、このオプションを指定してインストールした場合 TeX Live のディレクトリを PATH, MANPATH, INFOPATH に加える必要もない。

Continue reading