Windows 8 導入、作業メモ

今年のはじめ頃 Windows 8 アップグレード版が3300円なのはあと1週間! なんていう記事を見てあわてて購入したものの、そのまま放置し気づけばもう10月。昨日デスクトップPCのファンの掃除をしている時に、ふとアップグレードしてみる気になった。以下作業記録。

クリーンインストールする場合に注意すべきは、 Windows 7 のインストールされた旧HDDを接続した状態で インストールを行う、ということ。これをしないとアップグレード版では正しくライセンスされない。

私は以下の画像のように新規で Windows 8 インストールする SSD を取り付け、旧HDDはマウンタから取り外して電源ケーブルとSATAケーブルを接続しておいた (旧HDDはインストール後ケーブル類を抜いて取り外した)。

windows8_03.png

インストール過程の [インストールの種類] ページで、[カスタム] をクリックする。[Windows のインストール場所を選択してください。] ページで、[ドライブ オプション (詳細)] をクリックする。変更するパーティションをクリック (私の場合、新規で設置したSSD)、実行するフォーマットオプションをクリックして、指示に従う。インストール自体はクリーンインストールの場合すぐ終了する。コーヒーブレイク。

もはやお馴染みとなった Windows 8 のスタート画面。

windows8_02.png

念のためライセンス認証されているか確認しておく(「設定」「PC情報」「Windows ライセンス認証の詳細を表示」)。

windows8_01.png

ひとまずやったこと

ひとまずやったことをここにメモしておく。

基本設定

  • 環境変数
    • 「設定」「PC情報」「システムの詳細設定」「詳細設定」「環境変数」「HOME: %USERPROFILE%」追加
  • Explore
    • 「表示」から「ファイル名拡張子」と「隠しファイル」にチェック

アプリ

  • Firefox
    • Default に設定
    • Firefox Sync の設定
    • Adobe Flash Player の導入
    • KeySnail の導入
  • AutoHotkey
    • 旧OSの設定ファイルそのままコピー
    • Startup に追加 (場所: %USERPROFILE%AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup)
  • Google 日本語入力
    • 辞書のインストール
    • キー設定「ことえり」
  • Dropbox
    • コンピューターを同期
  • Microsoft Office
    • CDから再インストール。ライセンス認証は特に問題なし。
  • GnuPack
    • 解凍のみ。NTEmacs も入る。ほんとに楽。
    • config.ini の編集。ひとまず “Home = %HOME%” の箇所だけ変更。
  • NTEmacs
    • NTEmacs は上の GnuPack に含まれる。設定は init.el の方で行うので GnuPack の config.ini の方の Emacs 関連の記述はコメントアウトしておいた。
    • WordPress のブログに記事をアップするためひとまず orgorg2blog だけ入れておく (M-x list-packages より)。

【追加 2013/12/01】

その後追加したものを忘れないようにメモしておく。

  • Adobe Acrobat X

Adobe 製品を新OSで使用するには旧OSで ライセンス認証の解除 を正しく行っておく必要ある。が、私は忘れていた。旧OSは消していないのでもう一度HDDを接続してライセンス認証解除の手続きをすればいいのだが、PC をばらして旧 HDD を接続するのが面倒なので カスタマーケアに問い合わせ を行い、今回インストールしたPCを追加で登録してもらった。手間はかからないが電話代はかかる。皆様、ライセンス解除はお忘れなく^^;

  • AHCI

Windows 8 導入後に AHCI モードに切り替えるには少し工夫が必要。「ファイル名を指定して実行」から「regedit」を起動。

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahciErrorControl の値を 3 から 0 に変更。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahci\StartOverride の 0 の値を 3 から 0 に変更。

再起動後、BIOS で SATA モードを IDE から AHCI に変更する。

  • ヒラギノフォント

製品付属のインストーラでは「次へ」のボタンが表示されない。 Windows 8での対応状況ダウンロード より対応のインストーラーをダウンロードする。

  • Start UP の追加

Windows 8 では Windows 7 でのようにスタートアップボタンからスタートアップフォルダを呼び出せないようだ。8.1 でスタートボタンが追加されたが、それでもやはりスタートアップは見当たらない。エクスプローラーで直接開く必要がある。パスは以下のもの。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

なんとなく

タッチジェスチャーに特化した Windows 8 のスタート画面は、なんとなくピエト・モンドリアンの抽象画を想起させる…

mondrian.jpg

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s