Raspberry Pi で遊ぶ (8) —AirPlay レシーバーとして—

Raspberry Pi (RPi) に関する TIPS は ライフハッカー など人気サイトでも頻繁に紹介され、YouTube などの動画サイトでも RPi を用いた DIY 愛好家の関連映像は大量に見つかる。日本でも RPi を用いた子供向けプログラミング講座が開かれるなど、この小さなパソコンが徐々に人口に膾炙しつつある様子が伺える。

さて、今回は RPi を AirPlay のレシーバーとして使ってみる1。以下のライフハッカーの記事そのまま。

内容も同じなので、詳しくはリンク先をご参照。作業の備忘録としてここにも手順を残しておく。

下準備として、必要なパッケージをインストールする。

$ sudo apt-get install git libao-dev libssl-dev libcrypt-openssl-rsa-perl libio-socket-inet6-perl libwww-perl avahi-utils libmodule-build-perl

iOS 6用モジュールのインストールを行う。

$ cd src
$ git clone https://github.com/njh/perl-net-sdp.git perl-net-sdp
$ cd perl-net-sdp
$ perl Build.PL
$ sudo ./Build
$ sudo ./Build test
$ sudo ./Build install
$ cd ..

shairport を git で入手し make する。

$ git clone https://github.com/hendrikw82/shairport.git
$ cd shairport
$ make

Shairportを起動。

$ ./shairport.pl -a AirPi

“AirPi” という名前の Shairport プロセスが Raspberry Pi 上で実行される。

iOS デバイスの音楽アプリで、AirPlay ボタンをタップするすることで操作可能となる。1~2秒のタイムラグがあるが問題なく操作できる。

https://skalldan.files.wordpress.com/2013/03/wpid-rpi_airplay.png

Raspberry Piの起動時に Shairport を自動起動するには以下の手順を踏む。

$ cd shairport
$ make install
$ cp shairport.init.sample /etc/init.d/shairport
$ cd /etc/init.d
$ chmod a+x shairport
$ update-rc.d shairport defaults

Shairport を起動項目に追加するために以下の箇所を編集。

$ sudo nano shairport
DAEMON_ARGS="-w $PIDFILE -a AirPi"

以上で Shairport が RPi 起動時に自動で立ち上がる。

Footnotes:

1 ただし RPi では AirPlay ミラーリング には対応していないようである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s