Linux で Pogoplug Cloud をローカルドライブのようにマウントする

Linux で Pogoplug Cloud をデスクトップのローカルドライブのようにマウントするには、ここ から Linux 用のバイナリコマンド (32-bit i686 or 64-bit x86_64) をダウンロードして実行することで可能となる。このバイナリコマンドはマウントのため fuse を使用しており、利用するには若干前準備が必要である。

上記サイトで丁寧に書いてくださっているのでそれに従っただけだが、ここにも同じ内容をメモしておくことにする。なお、私の環境は Debian unstable (Sid)。

$ sudo apt-get install fuseiso fusedav fusesmb fuse-utils fusefat fuseext2 fuseiso9660 hfsplus hfsutils-tcltk libhfsp0 libhfsp-dev hfsprogs hfsutils
$ sudo usermod -a -G fuse $(id -u -n)
$ sudo mkdir /mnt/pogoplug
$ sudo chown root:fuse /mnt/pogoplug
$ sudo chmod 0775 /mnt/pogoplug

ホームディレクトリにアカウントとパスワードを書いた ~/pogoplugfs.conf を作成しておく。

$ vi ~/pogoplugfs.conf
svcuser=(アカウントのメールアドレス)
svcpassword=(アカウントのパスワード)
$ sudo chmod 400 ~/pogoplugfs.conf

上で作成したおいたマウントポイントを指定してバイナリコマンド pogoplugfs を実行する。

$ ./pogoplugfs --mountpoint /mnt/pogoplug &
$ ls /mnt/pogoplug
Pogoplug Cloud  Team Folders

【追記 2013/02/18】

以下のページで紹介されているスクリプトを使うと楽に設定できるようだ。

$ wget http://ppl.ug/Qe9rdSBojQQ/OJ7IYsoFBVscLqBQG7uoVw/dl/data/ppfs-install.sh
$ chmod +x ppfs-install.sh
$ ./ppfs-install.sh

あとは聞かれるままに usernamepassword を入力するだけ。デフォルトでは valtoken が書かれた設定ファイルが ~/.pogoplug/config に、スクリプト類は ~/bin へ、マウントポイントは /mnt/pogoplugfs に置かれる。

$ ls /mnt/pogoplugfs
Pogoplug Cloud  Team Folders

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s