Sublime Text 2 で LaTeX するまでのメモ

カスタマイズ性に優れたマルチプラットフォーム (Linux/Mac/Windows) で動作するエディタ Sublime Text 2 (以下 ST2) を使用してみた。シェアウェア だが無料の評価版でも機能が制限されることはないようだ。このエディタで LaTeX を使用するまでの手順を簡単にメモしておく。

Download は以下より。

Linux でのインストールは、上のアーカイブを展開して、適当な場所へ配置し、パスの通ったところへシンボリックリンクを貼っておく。

$ tar xf Sublime\ Text\ 2.0.1\ x64.tar.bz2
$ sudo mv Sublime\ Text\ 2 /usr/lib
$ sudo ln -s /usr/lib/Sublime\ Text\ 2/sublime_text /usr/bin/sublime

Ubuntu/Debian では .desktop ファイルを /usr/share/application に作成しておくとよいだろう。

$ sudo sublime /usr/share/applications/sublime.desktop

以下を貼り付けておく。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Sublime Text 2
# Only KDE 4 seems to use GenericName, so we reuse the KDE strings.
# From Ubuntu's language-pack-kde-XX-base packages, version 9.04-20090413.
GenericName=Text Editor

Exec=sublime
Terminal=false
Icon=/usr/lib/Sublime Text 2/Icon/48x48/sublime_text.png
Type=Application
Categories=TextEditor;IDE;Development
X-Ayatana-Desktop-Shortcuts=NewWindow

[NewWindow Shortcut Group]
Name=New Window
Exec=sublime -n
TargetEnvironment=Unity

Package Control

Sublime Package Control を導入しておくとパッケージ管理が楽になる。インストールは ST2 のコンソールから行うと良い。 C-` でコンソールを呼び出し以下のコマンドを貼り付ける。

import urllib2,os; pf='Package Control.sublime-package'; ipp=sublime.installed_packages_path(); os.makedirs(ipp) if not os.path.exists(ipp) else None; urllib2.install_opener(urllib2.build_opener(urllib2.ProxyHandler())); open(os.path.join(ipp,pf),'wb').write(urllib2.urlopen('http://sublime.wbond.net/'+pf.replace(' ','%20')).read()); print 'Please restart Sublime Text to finish installation'

Ctrl + Shift + P でコマンドパレットを開き、

Package Control: Install Package

から目的のパッケージを選択する。私は普段 Emacs を使っているので、ひとまずキーバインドを Emacs 風にするため SublemacsPro を入れてみた。

LaTeXTools

LaTeX のためのプラグイン LaTeXTools を同じく Package Control で導入しておく。もちろん TeX 環境が入っていることが前提である。以下は私の環境 (Debian sid, TeXLive 2012) での設定例である。コンパイルに Latexmk を使用するので、インストールしてない場合は latexmk も入れておく必要がある。

~/.config/sublime-text-2/Packages/LaTeXTools/LaTeX.sublime-buildlatexmk のコマンドの記述があるが、そのままでは pdflatex が使用されるので、以下のようにオプションを適宜変更しておく。

"cmd": ["latexmk", "-cd", "-f", "-pv"],

latexmk の設定はホームの ~/.latexmkrc で行う。

設定例:

$latex  = 'platex -synctex=1 -src-specials -interaction=nonstopmode';
$bibtex = 'pbibtex';
$dvipdf  = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
$makeindex  = 'mendex -U -r -c';
$pdf_previewer = 'evince %O %S';
$pdf_mode = 3;
$pdf_update_method = 0;

コンパイルは ST2 Build command (C-b) で行う。Linux では PDF ビューアーとして Evince がサポートされている。上のように platex コマンドにオプション -synctex=1 を指定しておけば、特に設定なしで SyncTeX の機能が利用できる1

st2_test1.png

日本語の入力

ただし、Linux では現段階で Scim や iBus がサポートされておらず、日本語の入力ができない。これはこのエディタで LaTeX する上で決定的な欠点。

の案内にしたがって InputHelper を導入することで一応入力はできるようにはなる。Ctrl + Shift + Z で InputHelper を呼び出し、日本語を入力する。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/11/wpid-st2_test2.png

外部コマンドの実行

Emacs での M-! のように、外部コマンドを実行することもできる。例によって Package Control から Shell-Turtlestein を導入する。Ctrl + Shift + C で呼び出されるプロンプトで latex2html など適宜コマンドを入力する。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/11/wpid-st2_test3.png

Advertisements

One thought on “Sublime Text 2 で LaTeX するまでのメモ

  1. Pingback: Mac、Sublime Text 2、LaTeX | Kitchen Garden Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s