Mac OS X Lion (10.7.5) から Mountain Lion (10.8.2) へアップグレード

はじめに

Mac OS X Lion (10.7.5) から Mountain Lion (10.8.2) へアップグレードしてみた。

先日 Xcode も 4.5 となり、このバージョンからは Lion と Mountain Lion 共通で使用出来るようなので (cf. What’s New In Xcode)、10.8 へアップグレードした後も Xcode 再インストールの手間はなくなった。Snow Leopard から Lion (Mountain でない Lion へアップグレード覚え書き) よりは、多少手間がかからないと思う。また、Mountain Lion に対する世間の反応も、Snow Leopard から Lion の時と比べて概ね良好なように思う。

以下はアップグレード作業記録。

Installer

App Store から Mountain Lion (¥1,700) をダウンロードしてインストールを実行すればいいだけだが、インストーラーは実行後にアプリごと削除されてしまうということで、実行前に InsallESD.dmg を別の場所に保存した。

$ cp -a 
  '/Applications/Install OS X Mountain Lion.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg' 
   /Volumes/disk/OS/Mac/

Upgrade

所要時間は40分ほど。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/10/wpid-mountain_lion_installer.png

MacBook Pro (Early 2008, Core 2 Duo, 4GB RAM) で、バージョンは 10.8.2。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/10/wpid-about_this_mac_ml.png

VMWare Fusion 3 は Mountain Lion では動かない。このあたりの情報はたくさん Web 上にあったので予め知っていたが、今では Mac 上で別の OS を使うこともなくなったので、さしあたり VMWare Fusion 5 の購入は見送ることにした。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/10/wpid-not_work_on_ml.png

Xcode

先ほども触れた通り、アップグレード後の Xcode の再インストールは必要ないが、Command Line Tools は (Lion で install していても) アップグレード後に再度 install する必要があった。インストールは「Preferences」の「Downloads」から行う (MacPorts に必要)。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/10/wpid-xcode_commanline_tools.png

MacPorts

MacPorts は Mountain Lion 用の pkg インストーラーが用意されていたので (Download & Installation)、念のため Mountain Lion 用のインストーラーを実行してから、ターミナルで以下のコマンドを実行した。

$ sudo port selfupdate
$ sudo port upgrade outdated

Emacs

OS X での Emacs はしばらく前から Mac port (experimental/hackers-only パッチ) のものを使用している。インストールは 紹介マニア さんで説明されている手順をそのままコピー&ペースト。

#!/bin/sh
# see, http://sakito.jp/emacs/emacs24.html

EMACS_VER=24.2
MACPORT_VER=3.2
curl -O http://ftp.gnu.org/pub/gnu/emacs/emacs-${EMACS_VER}.tar.gz
curl -O ftp://ftp.math.s.chiba-u.ac.jp/emacs/emacs-${EMACS_VER}-mac-${MACPORT_VER}.tar.gz
tar xvfz emacs-${EMACS_VER}.tar.gz
tar xvfz emacs-${EMACS_VER}-mac-${MACPORT_VER}.tar.gz
cd emacs-${EMACS_VER}
patch -p 0 < ../emacs-${EMACS_VER}-mac-${MACPORT_VER}/patch-mac
cp -r ../emacs-${EMACS_VER}-mac-${MACPORT_VER}/mac mac
cp ../emacs-${EMACS_VER}-mac-${MACPORT_VER}/src/* src
cp ../emacs-${EMACS_VER}-mac-${MACPORT_VER}/lisp/term/mac-win.el lisp/term
# cp nextstep/Cocoa/Emacs.base/Contents/Resources/Emacs.icns mac/Emacs.app/Contents/Resources/Emacs.icns    # icon 変更
# ./configure --with-mac --without-x
# make
# sudo make install
# open mac/Emacs.app

これを一時的に emacs_macport.sh で保存したとして、

$ chmod +x ./emacs_macport.sh
$ ./emacs_macport.sh
$ cd emacs-${EMACS_VER}
$ ./configure --with-mac --without-x
$ make
$ sudo make install
$ mv mac/Emacs.app /Applications/
$ open -a Emacs

少々荒っぽいが、変数を書き換えれば、version が変わっても使い回しができる。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/10/wpid-emacs_macport_24-2.png

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s