ThinkPad E220s に Intel Centrino Ultimate-N 6300 を取り付けてみた (2)

先日の記事 の続きで、ThinkPad E220s に挿した Intel Centrino Ultimate-N 6300 の未使用のアンテナ・コネクターに Tyco 汎用無線LAN アンテナ を取り付けてみる。

二本入りだが、今回使用するのは一本のみ。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-tyco_antenna.png

感度を狙うならば液晶裏 TOP に設置するのが良いらしい。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-toshiba_notepc_antenna.png

# 画像は ノートPC 用無線LANアンテナの配置 より

ところが、E220s は LCD ユニットの分解は保守マニュアルにも載っていない。私には分解出来そうにないので、あまり感度はよくないかもしれないが今回は液晶裏は断念して HDD の上辺りに配置することにした。ケーブル (白) は少し長めだったので、HDD から WiFi アダプタあたりまで隙間のありそうなところをぐるっと周回させた。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-tyco_e220s_01.png

そして、Intel Centrino Ultimate-N 6300 の空いていた中央のコネクタ (TR3) に接続した。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-tyco_e220s_02.png

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-thinkpad_e220s_internal_antenna.png

リンク速度 450Mbps (理論値) で通信できている。障害物のないところでは 450Mbps が概ね安定している。無線LANルーターは前回同様 I-O DATA の WN-AG450DGR を使用している。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-5ghz_450mbps.png

私はこのマシンを Linux とのデュアルブートで使っているので (Debian wheezy on ThinkPad E220s)、そちらの設定もしておく。

Debian sid での利用

特に迷うことはなかった。ドライバー (iwlagn) は以下のコマンドで OK (cf. iwlwifi – Debian Wiki)。

$ sudo apt-get install firmware-iwlwifi

Hardware Lister (lshw) の表示 (一部)。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-ishw_intel_6300.png

前回同様、実質的な通信速度 (スループット) を測るため iperf を利用する。サーバーとクライアントに使用したマシンは前回と同じだが、今回は ThinkPad E220s にインストールされた Linux で測定してみた。

【サーバーマシン】: Debian sid, Intel Core i7 870
【クライアントマシン】: Debian sid, Intel Core i5 2467M (ThinkPad E220s)

クライアントマシン (ThinkPad E220s) での Jperf の結果は以下の通り。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-jperf_450mbps_02.png

iperf -c 192.168.0.3 -P 1 -i 1 -p 5001 -f m -t 10
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.0.3, TCP port 5001
TCP window size: 0.02 MByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local 192.168.0.9 port 52653 connected with 192.168.0.3 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0- 1.0 sec  14.2 MBytes   120 Mbits/sec
[  3]  1.0- 2.0 sec  15.4 MBytes   129 Mbits/sec
[  3]  2.0- 3.0 sec  16.0 MBytes   134 Mbits/sec
[  3]  3.0- 4.0 sec  17.6 MBytes   148 Mbits/sec
[  3]  4.0- 5.0 sec  20.1 MBytes   169 Mbits/sec
[  3]  5.0- 6.0 sec  20.2 MBytes   170 Mbits/sec
[  3]  6.0- 7.0 sec  22.5 MBytes   189 Mbits/sec
[  3]  7.0- 8.0 sec  22.8 MBytes   191 Mbits/sec
[  3]  8.0- 9.0 sec  22.4 MBytes   188 Mbits/sec
[  3]  9.0-10.0 sec  21.9 MBytes   184 Mbits/sec
[  3]  0.0-10.0 sec   193 MBytes   161 Mbits/sec
Done.

何度か測ってみたが、150Mbps 〜 190Mbps といったところ。アンテナ位置をもう少し調整すればリンク速度 450Mbps の安定が望めるかも知れないが、分解に熱が入りマシンを壊すと元も子もないので、このあたりで満足しておく。

Intel Centrino Ultimate-N は値段も手頃だし、とても良い買い物をしたと思う。ただ記事に書いたことはあくまでも「試み」で行なっているので、もし E220s やその他のマシンで Ultimate-N 6300 を使用しようとする方がいらっしゃれば、実行はあくまで自己責任でお願いします。念のため。

【追記 2012/03/08】

液晶裏に取り付けなければ、アンテナ・ケーブルはそれほど長くある必要がないので同じ Tyco 製の短いものを注文してみた。

ケーブルが短いほど感度も多少は良くなるのではないかと期待し取り付けてみたが、ケーブルを無駄に周回させなくてもよくなったとは言え、感度は変わらず。無駄になってしまったが、まあ気が済んだのでよしとしよう… (-_-;)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s