ThinkPad E220s に Intel Centrino Ultimate-N 6300 を取り付けてみた

ThinkPad E220s にはデフォルトでは 802.11b/g/n WiFi アダプター Realtek RTL8188CE が組み込まれている。Lenovo 直販の CTO で 2×2 MIMO の Intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250 を選択できるが、これは最大 300 Mbps までの帯域幅を提供する。ただ、最近では最大 450Mbps の帯域幅対応を謳う無線LANルーターも増えてきて、ノート PC 向け無線LANカードも 450Mbps に対応した 3ストリーム (3×3)・デュアルバンド (2.4 GHz および 5 GHz)・802.11a/b/g/n/ アダプター Intel Centrino Ultimate-N 6300 あたりを選択したい。IBM lenovo 純正の Intel Centrino Ultimate-N 6300 が Amazon (販売: SGY-NET) で ¥2,980 だったので購入して E220s に取り付けてみた。

到着したのは以下の商品。取り付けネジ (2本) も付いている。

Model: 633ANHMW
FRU : 60Y3233
*右上に HF の記載あり

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-intel_6300_01.png

E220s はバッテリ内蔵なので、作業前に BIOS で “Disable built-in Battery” を実行しておく (cf. Disable system Battery in BIOS)。WiFi アダプタを挿し込む MiniPCI Express (half size) スロットはキーボードを外して左上あたりにある。取り付けは 保守マニュアル の pp. 58–59 に説明されている。

取り付け時の注意 : 灰色のケーブルは、カード上の MAIN または M のマークが付いたジャックに差し込み、黒色のケーブルはカード上の AUX または A のマークが付いたジャックに差し込んでください。

注 : 3 個のアンテナ・コネクターがあるワイヤレス LAN カード付きのモデルの場合、灰色のケーブル (MAIN) は、カード上の TR1 のマークが付いたジャックに差し込み、白のケーブル (3 番目) は ROまたは TR3 のマークが付いたャックに、黒のケーブル (AUX) は TR2 のマークが付いたジャックに差し込んでください

もともと載っているカードは アンテナ・コネクターが2つ。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-intel_6300_02.png

一方で Intel Ultimate-N 6300 のコネクターは3つ。説明通り、灰色 (MAIN) を手前 (TR1) に、黒 (AUX) を奥 (TR2) へ差し込む。中央のコネクターがひとつ空いているが、ひとまずこのままで動作を確認する。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-intel_6300_03.png

さて、電源を入れると起動せず以下のエラー。BIOS にも入れない。

ERROR 1802: Unauthorized network card is plugged in - Power off and remove the miniPCI network card."

Lenovo の純正ではない、または BIOS に許可されていないカードが取り付けられるとこの ERROR 1802 が出るとのこと。カードは Lenovo 純正なので、Lenovo BIOS (2012/03/04 現時点最新版 Ver.1.21) でカード (FRU 60Y3233) が認可されていない、ということになる。

私は今回初めて無線LANカードの交換を行ったが、この分野はたいへん奥が深く、Web 上にかなりの数の情報が溢れている。そんな中、以下の情報が見つかった。

一旦 Intel Ultimate-N 6300 は取り外し、同ページ (Bios Mods) のレポジトリより次の修正版 BIOS をダウンロードした。

BIOS アップデートの後シャットダウンし、再度カードを取り付け、起動後、無事カードが認識された。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-intel_ultimate-n_6300_device_manager.png

ドライバーは起動後自動的にインストールされるが、最新版は以下から。

Intel の接続ユーティリティーソフト (Intel® PROSet/Wireless WiFi 接続ユーティリティー) も同時にインストールできる。5GHz 帯で接続しリンク速度は 300Mbps。無線LANルーターは I-O DATA の WN-AG450DGR を使用している。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-intel_wifi_utility_300mbps.png

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-intel_6300_300mbps.png

実質的な通信速度 (スループット) を測るため iperf を利用する。

【サーバーマシン】: Debian sid, Intel Core i7 870
【クライアントマシン】: Windows 7, Intel Core i5 2467M (ThinkPad E220s)

クライアントマシン (ThinkPad E220s) での iperf の GUI フロントエンド Jperf の結果は以下の通り。

https://skalldan.files.wordpress.com/2012/03/wpid-5ghz_300mbps.png

iperf -c 192.168.0.3 -P 1 -i 1 -p 5001 -f m -t 10
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.0.3, TCP port 5001
TCP window size: 0.06 MByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local 192.168.0.9 port 49330 connected with 192.168.0.3 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0- 1.0 sec  8.16 MBytes  68.4 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  1.0- 2.0 sec  8.68 MBytes  72.8 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  2.0- 3.0 sec  15.1 MBytes    127 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  3.0- 4.0 sec  16.8 MBytes    141 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  4.0- 5.0 sec  16.9 MBytes    142 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  5.0- 6.0 sec  17.0 MBytes    142 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  6.0- 7.0 sec  15.1 MBytes    127 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  7.0- 8.0 sec  16.7 MBytes    140 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  8.0- 9.0 sec  16.8 MBytes    141 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  9.0-10.0 sec  16.7 MBytes    140 Mbits/sec
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec    148 MBytes    124 Mbits/sec
Done.

実測値で帯域幅 (Bandwidth) 140 Mbits/sec ほど出ているのでおおよそ満足できる。

E220s にはアンテナ・ケーブルが二本しか付いていないので、現状これが限界だが、せっかくなので Intel Ultimate-N 6300 の空いているコネクタにアンテナを追加して 450Mbps で接続してみたい。

そこで、同じく Amazon (販売: SGY-NET) でバラ売りの Tyco 汎用無線LAN アンテナ を注文してみた。

つづく

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s