Ubuntu で軽量の画像ビューア Feh を使う

Ubuntu で画像をすばやく確認するための軽量のビューアを探していたところ Feh という X11 のイメージビューアの存在を知った。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/09/wpid-feh_about.png

apt-get のものは若干古かった (v.1.10) ので最新版を入れておいた。

$ apt-get install libcurl3 libx11-dev libxt-dev libimlib2-dev giblib-dev libxinerama-dev libjpeg-progs
$ wget http://feh.finalrewind.org/feh-1.15.1.tar.bz2
$ tar -xjf feh-1.15.1.tar.bz2
$ cd feh-1.15.1

(feh の version は適宜最新版に読み替えてください。)

あるいは git version をチェックアウトしてもよい。

$ git clone git://derf.homelinux.org/feh
$ cd feh

必要あれば config.mk で prefix などを変更して、以下のように make でコンパイル・インストールを行う。

$ make
$ sudo make install

使用はコマンドラインから、

$ feh -F -Z /path/to/directory

-F で fullscreen、-Z で auto-zoom などたくさん option が用意されている。詳しい使い方は man feh を参照 (feh – Linux man page)。スライドショーでの操作を一部だけ記すと、

p, P, <BACKSPACE>, <LEFT> Goto previous slide
n, N, <SPACE>, <RIGHT> Goto next slide
r, R Reload current image
v, V Toggle fullscreen
m, M Show popup menu
+, = Increase reload delay
-, _ Decrease reload delay
x, X Close current window
q, Q Quit the slideshow

というような簡単なキー操作が設定されていて、これらはユーザーがカスタマイズすることもできる (~/.config/feh/keys)。私は次のように少しだけ変えている (cf. feh-xxxx/examples/keys)。

next_img     n space
prev_img     p BackSpace
scroll_up    C-Up C-p
scroll_down  C-Down C-n
scroll_left  C-Left C-b
scroll_right C-Right C-f

Feh – ArchWiki で紹介されている以下のスクリプトを利用するとファイルブラウザのイメージランチャとして利用できる。すなわち選択したイメージファイルのあるディレクトリの画像をデフォルトの並び順で “n” や “p” ですばやく閲覧できるようになる。

#!/bin/bash

shopt -s nullglob

if [[ ! -f $1 ]]; then
    echo "$0: first argument is not a file" >&2
    exit 1
fi

file=$(basename -- "$1")
dir=$(dirname -- "$1")
arr=()
shift

cd -- "$dir"

for i in *; do
    [[ -f $i ]] || continue
    arr+=("$i")
    [[ $i == $file ]] && c=$((${#arr[@]} - 1))
done

exec feh "$@" -- "${arr[@]:c}" "${arr[@]:0:c}"

これを例えば /usr/local/bin/fehbrowse 等で保存し実行権を与えておく。使い方は、

$ fehbrowse %f -F -Z

というようにファイル名の後に feh のオプションを指定する。

私は Emacs の Dired Mode から利用するため次のように書いている。

(setq dired-guess-shell-alist-user
      '((".png"  "fehbrowse")
        (".jpeg" "fehbrowse")
        (".jpg"  "fehbrowse")
        (".gif"  "fehbrowse")
        (".tif"  "fehbrowse")
        (".tiff" "fehbrowse")
        (".bmp"  "fehbrowse")
        ))

Dired Mode で目的のイメージファイルにカーソルを合わせ “X” を押すと feh で選択した画像が閲覧できる。”n”, “p” 等で同一ディレクトリの前後の画像へ移動、”v” で toggle fullscreen など先ほど同様 feh のキーバインディングで操作する。

高機能な編集機能はないが、スキャンした画像などをとにかく素早く連続して確認したいときに重宝する。Mac では Xee というヴューアが軽くて使いやすく同様の目的で常用しているが、Macports でこの Feh が導入でき、簡単に Mac でも利用できるようだ。ただし Mac では、ほとんどを X 上で過ごす方はともかく、このためだけに X11 (XQuartz.app) を立ち上げるならば、その起動自体にいくらか時間がかかるので軽量ビューアの用をなさず、あまりお勧めはできない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s