Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S 到着

Happy Hacking Keyboard Pro に関しては、半年ほど前から、次に何か動きがあれば購入しようと考えていた。半年前というのは、たまたまその時期に興味を持ち始めた、というだけであったが、意外にその時期が早く来た。タイミングがよかったのかどうかは分からない。予約受付開始から二三日迷った末、結局注文した。迷ったのは、次の更新は Bluetooth 搭載だと勝手に信じていたからだった。少し注文が遅れたが、幸いキャンペーンの “Red Control Key” は同梱されていた。初の HHKB Pro なのでさすがに無刻印はやめておいた。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_01.jpg

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_09.jpg

「6月30日以降、お届け開始、商品お届け期間:4日程度」と PFU のページ にあったので今日 (6/30) 届いたのもうれしい誤算だった。右上に「Type-S」の刻印がある。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_02.jpg

早速 Macbook Pro に接続してみたが、Command Key がうまく認識されない。ドライバかなと思ったが、裏に簡単な説明がある。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_10.jpg

Macintosh の場合背面の SW2 を On にするようだ。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_04.jpg

“Red Key” も取り付けてみる。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_05.jpg

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_06.jpg

今回の Type-S の主な特徴のひとつに「衝撃吸収材 (緩衝材) をキー内部構造に加えることにより … キー打鍵音を従来のProfessionalシリーズより30%低減」した、とあるので、年季の入った HHKB ユーザーには内部構造の差はこの画像で歴然なのかもしれない。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_07.jpg

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_11.jpg

折角なのでこれを機会になるべくマウスレスな操作を心がけたいが、手持ちの Apple の Magic Trackpad を横に置いた。私は 2008 年から今の Macbook Pro を使用しているが、今後もこのトラックパッドの便利さからは抜け出せない気がする。そのまま置くとキーボードとの高さが違うので、裏に少し固めのスポンジを挟んでみた (→ 画像)。クリックが出来なくなるが、従来よりタップで代用していたので違和感はない。

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/06/wpid-hhkb_08.jpg

https://skalldan.files.wordpress.com/2011/07/wpid-hhkb_121.jpg

さて、なにか有効なレビューをしたいが、なにぶん HHKB Pro 初体験で Realforce など他のハイエンドなキーボードも使用したことがないので比較対象がない。打鍵感は快適そのもので、使い初めからこれほど指に馴染むキーボードも珍しいだろうが、そんなことは散々言われてきたことなのでやめておく。今回の Type-S のセールスポイント「静音性」であるが、確かに以前の Pro のレビューを見ているとよく「トコトコというリズミカルな音」という表現がなされているが、連続で打鍵した場合、Type-S に関しては「トコトコ」というより「サクサク」という音がする。軽快だが指にはしっかりと打鍵感は残る。文節の最後に多少強めに Space キーや Return キーを叩くと、控え目に「トコ」という小気味よい音がする。

Function キーが若干慣れない位置にあり、カーソルキーの代替キー (Fn + “;”, “‘”, “/”, “[“) を押す際に、慣れが必要そうだが、ホームポジションを大きく崩す必要がないのでこちらのほうが合理的と言えるかも知れない (使用するならば、という前提で)。Vol_Dn, Vol_Up, Mute, Eject (Fn + “a”, “s”, “d”, “f”) は Macbook Pro のキーボードよりむしろ操作しやすく感じた。”~” (チルダ) は Macbook Pro の位置 (数字の1 の左隣) の方が打ちやすいような気がするがこれも慣れかも知れない。

付属の “Red Key” はタイプ中に視界に入り「目立つ」という実際的な効果もあるのかと思っていたが、実際にはそのような効果はないようだ。タイプ中はよっぽど意識しない限り全く目に入らない。しかしとりわけ Emacs ユーザーにとって Control キーは最も多用するキーなので、そのキーが強調されていても違和感はないだろう。Magic Trackpad も今のところこのキーボードに良くマッチしているようだが、これもしばらく使ってみないことには分からない。とくに付け焼刃の「スポンジ」がはたして適切な処置だったかはしばらく使用してみてまた機会があれば何か書いてみようと思う。なお、まったく個人的な勝手な予想だけれども、同じ Type-S の「墨」は従来通り発売されるのではないかと思う。到着した箱に「Type-S 白」とあった。白しかなければ白とは書かないように思うのだがどうだろうか。あるいはこの「Type-S 白」の売れ行き次第なのだろうか。

最後に動画付きも含め、すでにいくつかプロのレビューがなされているのでリンクを貼っておく。

なお、flickr にも写真をアップしたので興味のある方は こちらから 御覧ください。

【追記 2012/09/12】

HHKB Professional Type-S が Amazon楽天 でも買えるようになったらしい。出店記念 (2012/9/10~30) で少しだけ安くなっている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s